記事リスト

カップ

自分のお店を持ちたい

カフェの専門学校は一般的に年百万程かかりますが、テキスト購入等を考えるともう少しかかると思っていた方が良いでしょう。しかし、特待生制度等があると学費を抑えられる可能性があります。また、web配信授業を受けることができれば授業料も安くなる他、好きな時に学習することもできます。

女性

通うなら下調べする

カフェスキルを学べる学校によっては、開業サポートを行っています。開業するために必要な知識や技術を身に着けられるよう、専門的なサポートを受けられるのが特徴です。失敗のリスクを抑えて自分のお店を、オープンしやすいという点がメリットです。

男性

基礎知識から得られる

カフェ店を開店するためには、バリスタの資格を取得したり、軽食を作るために調理師免許を取得したりといったことが必要です。専門学校に通いましょう。また、経営者になるための勉強も必要です。それぞれのコースが設けられている専門学校がおすすめです。

RECOMMEND POST

カップ

自分のお店を持ちたい

カフェの専門学校は一般的に年百万程かかりますが、テキスト購入等を考えるともう少しかかると思っていた方が良いでしょう。しかし、特待生制度等があると学費を抑えられる可能性があります。また、web配信授業を受けることができれば授業料も安くなる他、好きな時に学習することもできます。

女性

通うなら下調べする

カフェスキルを学べる学校によっては、開業サポートを行っています。開業するために必要な知識や技術を身に着けられるよう、専門的なサポートを受けられるのが特徴です。失敗のリスクを抑えて自分のお店を、オープンしやすいという点がメリットです。

講師の質をチェック

女性

実習の多さが特徴

カフェで働きたい、カフェを開業したいと思っている場合、学校で学ぶというのも一つの手といえます。近年はカフェがブームとなっているので、コースを設置する学校も増えています。コースがある学校の多くは調理や製菓を教えている学校で、そういったところに新たにカフェコースが加わるというパターンが多いです。学べることは学校により様々ですが、たいてい共通しているのはドリンクの作り方、フードの作り方、ラテアートの描き方、フードメニューの作り方、店舗経営、コンセプト作りなどです。これらの多くは実習であり、座学は全体の一割から二割程度ということが多いです。また実際にアルバイトやインターンシップを行っているところも多く、実際的な経験を通して成長することを目的としています。アルバイトなどの場合、学びながら収入を得ることもできるので一石二鳥といえるでしょう。実際、カフェで働く場合、求められるのは知識よりも技術です。お客さんはコーヒーや食べ物の蘊蓄を聞きに来ているわけではなく、おいしいコーヒーと食べ物、雰囲気を楽しむために来ているのですから、実習が多いのは当然といえるでしょう。むしろ実習が少ないところは実践的でないと考えるべきです。学校選びの時は、講師の質にも注目しましょう。講師の質が高ければ当然高いレベルの学びが得られます。有名な調理学校などが母体の場合は講師も質が高いことが多いので、講師の質としては信頼できます。また就職実績についてもチェックしておくべきでしょう。

男女

実習が多い

カフェを開くときには学校に通ってから開くという人も増えています。たいていは通学制で実習が多いという特徴があります。特にフードは力を入れていることが多いですが学校により差はあります。また卒業生がオープンしたカフェは比較的長く続くという特徴もあります。

女性

調理から経営も学べる

カフェの専門学校は調理やコーヒーの淹れ方や接客からお店作りや経営マネジメントまで幅広く、実践的に学べます。高卒の学生向けの昼間コースのほか、社会人が通いやすい夜間コースや土日コースを設けているところもあるので、目的に合わせて選ぶようにしましょう。

Copyright© 2018 カフェの学校を利用【調理や製菓を教えている】 All Rights Reserved.